システム開発 名古屋・東京・全国対応、ソフトウェア開発、技術者派遣ならジー・ソフトにお任せください。

Secure USB(SSD)


- 世界で一番スマートなセキュリティUSB(SSD) -

別途ソフトウェアの用意不要
既存セキュリティとの衝突なし!

Secure USB(SSD)

管理システムと暗号化(SSL)を利用して通信を行うため別途ソフトウェアの準備は不要です。(Agent-less 方式)


Secure USB(SSD) システムの主な機能と特徴

進化するサイバー攻撃と増えるデータ流出·破損事故!
各種媒体のアクセス制御
  • 非認可メディアから情報へのアクセスを遮断し、情報流出事故を予防
  • 保存·通信メディア·インターネット·プリンタによる情報の流出を遮断
  • PCの正常起動モード以外の補助記憶メディアのアクセスを遮断(Windowsの安全モードなど)
  • 様々な補助記憶メディアのアクセス制御
    (USB、テザリング、MTP、CD-ROM、E-SATA、SD Card、External HDD)
BadUSBのアクセス防止
  • 署名·認証ファームウェアと暗号化チップ(Crypto-Chip)基盤の設計
  • 事前に登録されたUSB Device 以外のUSB Deviceのアクセスを自動遮断(White List方式)
  • 新規USB Deviceは、識別情報(VID、PID、シリアル番号など)を個別登録申請して決裁を受けた後、アクセス許可/遮断登録の設定が可能
重複・衝突なし
  • 既存のPCセキュリティおよびDLPのようなメディア制御ツールと重複したり、衝突することなく動作します。
ユーザ認証、識別及び管理
  • Secure USB のログインにユーザ認証方式を採用
    – パスワード 方式
    – パスワードレス 方式(NFC 機器認証識別、Two-factor、Three-factor 認証支援)
  • Secure USB 一定時間未使用の時の自動ログアウト
  • パスワードポリシーの変更可能
  • Secure USB のパスワード紛失時、E-mail を利用してセキュリティ認証及びパスワード変更が可能
保存データの暗号化·復号化
  • ハードウェア/ソフトウェア基盤の暗号化機能の提供
    – ハードウェア ベース : 256-bit AES
    – ソフトウェア ベース : Aria
  • Secure USB 内の暗号化チップ(Crypto-Chip)を利用して、Secure USBの保存
    データをリアルタイムで自動暗号化
  • Secure USB 内のフラッシュメモリを分解、ハッキングしてもデータが暗号化されているので、データの機密維持が可能
  • PC に接続される場合のみ、Secure USB 内のファイル暗号化·復号化を遂行(Automatic/Manual)
Secure USB 内の保存資料への任意アクセス防止
  • 機密データの読み取り/書き込み制御が可能(Secure USB <-> パソコン)
  • 機密文書のアクセス権限制御
    (コピー&ペースト、上書き保存、名前を付けて保存、 スクリーンショット、 印刷)
  • Secure USB 読み取り/書き込みの許可及び不許可の時に使用ログ記録(Secure USB <-> パソコン)
  • 指定データアクセス制御及び複製防止
紛失·盗難時、保存データ削除
  • 保存データの伝達、共有、流出の一連の情報流出行為を事前に遮断
  • 管理者によるリアルタイムの遠隔制御(使用禁止設定、データ完全削除)が可能(Remote-Destruct.Disable)
  • パスワード入力を一定回数(例:10回)失敗した場合の使用禁止設定、データ完全削除(Self-Destuct.Disable)
  • パスワード紛失時、管理者あるいはユーザによるパスワード初期化が可能
  • 管理システムに紛失申告および追跡ログの保存が可能
管理システムとの連動
  • 管理システムからのポリシー管理
  • Secure USB 統計、リポーティング、ログ及びモニタリングの中央管理化が可能
  • 管理システムに登録されたSecure USBの在庫及びサイクルを管理
    (購買、登録、使用保存->伝達->共有、搬出、返却、期間変更、用途変更、廃棄)
パスワードの変更·初期化
  • e-mailを利用して、ユーザからのセキュリティ認証申し込みが可能
  • 管理者とユーザの本人確認番号(Authentic Code) 受動入力方式でパスワード変更
  • オンライン·オフラインでパスワードの変更·初期化を支援
  • パスワード初期化の際、Secure USBのメモリデータを維持、又は工場出荷時の状態に戻す機能の提供
便利な決済機能
  • Secure USB ユーザーの決裁申請及び承認
    (登録、搬出、搬入、等級変更、期間変更、返却、照会)
  • 決裁申請の際、決裁者にリアルタイムでお知らせ及び確認が可能
  • 便利な自動·多重決裁機能を提供
  • 既に使用中のグループウェア及び他の決裁システムで連動(API)が可能
統計·リポーティングの機能
  • 管理システムの方でSecure USB関連の各種統計及びレポートの出力が可能
    – 資産及び在庫現況(全体、登録、搬出、返却、廃棄)
    – 等級別、部署別、日付別で搬出入管理
    – 使用(読み込み、書き取り、許容、遮断)の履歴
マルチOSプラットフォーム支援
  • 様々なOSシステム環境で使用が可能
    – PC OS : MS Windows / Mac OS / Linux
    – Mobile OS : iOS / Android / MS Mobile
    IoT OS : Google / MS/ Linux Embedded OS
豊富で大容量·超高速セキュリティUSB
  • USBメモリー、SSDなどの様々なタイプのデバイス提供
  • 超高速タイプのUSB3.0(5Gbps)の支援
  • 様々な容量の支援(詳細仕様は製品ラインアップ項目を参照してください。)

導入効果

データ改ざん、流出の防止

  • 認可されていない補助記憶装置からの不正アクセスを防止
  • 悪意のあるユーザーによるデータ操作やデータ流出によって生じる経済的損失を防止
シンプル、スマートに管理及び維持費をダウン

  • 別途のソフトウェアおよびハードウェア設置不要 → コスト削減効果
  • 管理サーバーと連動し自動化方式で管理 → 人件費や運営費用などの削減効果
安全

  • 任意のデータの変更·コピー不可
  • データが暗号化されているため、機密保持の強化及びリスクの最小化を実現
セキュリティ強化

  • 管理サーバーからのポリシーをベースに動作するため、ローカル管理より解りやすく正確な管理が可能
  • 管理サーバーとリアルタイム連動しモニタリングするため、ポリシーやログアップデートの漏れなどを防止、Secure USBの機能を常に最新の状態で維持

製品構成図



主要リファレンス(海外)


サムスン電子(韓国) 現代自動車(韓国) KCC(韓国) EBAY(韓国) POSCO(韓国)
LG電子(韓国) その他47社以上の企業
     
  道路公社(韓国) 靑瓦臺(韓国) 外交通商部(韓国) 國稅廳(韓国) 國民安全處(韓国)
國務總理室(韓国) 政府統合電算センター(韓国) その他290社以上の機関
     
  KDB產業銀行(韓国) 郵政事業本部(韓国) サムスン生命保險(韓国) 韓國投資公社 韓國去來所
Woori銀行(韓国) その他194社以上の機関

ラインナップ

Secure USB 2.0 Secure USB 3.0 Secure SSD
モデル名 SZ-20UC/SZ-20UM SZ-30UC SZ-30SP/SZ-30SN/SZ-30SPN
暗号化の方法 - - AES-256
インターフェイス USB 2.0 USB 3.0 USB 3.0
容量 4GB ~ 32GB 16GB ~ 128GB 128GB ~ 1TB
電圧 4.5V ~ 5.5V 4.5V ~ 5.5V 4.5V ~ 5.5V
温度 -10℃ ~ 55℃ -10℃ ~ 55℃ -10℃ ~ 55℃
認証方法 Password Password PW/NFC/PW+NFC
読込み/書込み 速度 Max 20MB Max 150MB Max 150MB
サイズ 63 x 18 x 8 (mm) 63 x 18 x 8 (mm) 92 x 59 x 8 (mm)
フラッシュストレージ Nand Flash eMMC(mm) SSD
OS
Windowds 10 / 8.1 / 8 / 7 / Server
Mac OS X 10.6 ~ 10.13x X
Linux Kernel V2.6+ X

最新実績

進行中2020.10〜 G社様

WEB業務管理システム

進行中2020.06〜 G社様

コインランドリー向けKISOKシステム開発

進行中2019.03〜 G社様

Line@プロ連携WEBシステム開発